使用許諾契約書

メガソフト株式会社(以下メガソフトという)が作成したソフトウェアおよびそのライセンス(以下製品という)のご使用に当たり、お客様は以下の条項にご同意いただきます。

  1. 本条項は、お客様が製品を受領した日から発効します。
  2. メガソフトはお客様に対し、製品の日本国内での使用を許諾しますが、お客様には本条項で許諾される以外は何らの権利も発生せず、製品およびマニュアル等の著作権などすべての権利はメガソフトに帰属します。
  3. メガソフトは、お客様が製品を使用した結果に関しては、いかなる保証も、責任も負いません。
  4. 本製品は、ソフトウェア管理責任者が管理責任の取れる範囲で、お客様が所有するコンピュータシステム(以下システムという)で、購入されたライセンス数の範囲内で使用することができます。
  5. メガソフトの書面による事前の同意を得なければ、製品および付属のドキュメント等の複製、改変、他への引用および著作権の表示を削除、変更はできません。なお、4項の使用範囲における製品の全部または一部の他媒体への複写(転送)はこの限りではありません。
  6. お客様は、製品を頒布や貸与等の方法をもって、第三者に使用させることはできません。また、製品を有償無償にかかわらず第三者に譲渡された場合、その製品の使用許諾は終了し、メガソフトのすべての義務は消滅します。
  7. 物理的な提供物がある場合、お客様は、製品の受領日から60日以内にその障害を発見したときは、交換を要求することができます。
  8. お客様が本条項に違反した場合、メガソフトは直ちに使用許諾を解除できるものとします。この場合、お客様は受領した製品のすべて(複製も含む)をメガソフトに返却していただきます。なお、返却のための費用はお客様でご負担いただきます。
  9. お客様の使用システムの台数が購入されたライセンス数を超えた場合、直ちに増加したシステムの台数分以上の契約を申請しなければなりません。
  10. 本条項に定めのない事項は、対象ソフトウェアのインストール時に表示される「使用許諾契約書」に基づくものとします。
  11. 10項の規定によってもなお、補完されない事項および本条項の解釈上の疑義については、その都度協議の上解決するものとします。
  12. 本契約に関して訴訟の必要が生じた場合は、大阪地方裁判所を所轄裁判所とします。

メガソフト株式会社

閉じる